プロミスは即日融資キャッシングにも対応で、スマホからでも来店不要ですぐ借りられます。

キャッシングの金利

これからキャッシングを利用する人は、基本的な知識として金利に関する決まりごとや法律をしっかりと理解をしておくべきです。

過去には消費者が金利に無知であることから、多くの方が本来支払う必要のなかった金利まで支払わされていたことがあります。過去に問題になった所謂「グレーゾーン金利」というもので、出資法と利息制限法という二つの異なる金利に関する法律の間、法律の隙間を縫った金利で貸付を行っていたのです。

当時の金利は今とは比べ物にならないぐらいに高く、中には数十万円や数百万円という無駄な利息を支払っていた人もいるので、キャッシングを利用するのであれば最低限持っておくべき知識でしょう。

金額に対する金利の上限と制限

キャッシングはお金を借りたら、そこへ利息をつけて返済をしなくてはいけません。このくらいは誰でも知っていることですが、利息には掛けてもいいとされる制限があります。これが利息制限法です。

利息制限法では、元金に応じて幾らまでなら利息を掛けてもいいと規定しています。その内容は「元金10万円未満は年利率20%まで」「元金10万円から100万円以内は年利率18%まで」「元金100万円以上は年利率15%まで」です。これを越える金利での貸付は違法になりますので、覚えておきましょう。

金利とキャッシング審査の関係

一般的に金利が高いほど審査基準が低く、逆に金利が低いほど審査基準は厳しくなると言われています。簡単な例をあげるとすれば、TVCMなども行っているような低金利の大手都市銀行のカードローンは審査が厳しく、利息制限法ギリギリの金利で小さな金額の貸付を行っている中小の消費者金融は、審査基準が低いとされているのです。

自分の条件に適したキャッシングへ申し込みをする必要がありますが、金利が高いと言っても利息制限法を越える金利での貸付をしない貸金業者なら、ヤミ金や悪徳業者である可能性は低いので、安心して活用してください。

トップへ戻る